読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eureka!/Positive Reaction!

Rêveries du promeneur solitaire

坂の上のクラウド(その2)

前回の大袈裟すぎる前置きはさて置き。メインテーマへ行ってみよう!

ケイト・ブッシュの「Cloudbusting」(雲退治)。

I still dream of Organon.
I wake up cryin'.
You're making rain,
And you're just in reach,
When you and sleep escape me.


いまだにオルガノンの夢を見る
悲鳴を上げて目を覚ます
パパは雨を作っていて
もうじき完成
パパと眠りが僕から去った時のこと

But every time it rains,
You're here in my head,
Like the sun coming out
Ooh, I just know that something good is gonna happen.
And I don't know when,
But just saying it could even make it happen.


でも、雨が降るたびに
パパのことが思い浮かぶ
太陽が出てくるように
ああ、僕には分かるんだ。何かいいことが起こりそうだって
いつかは分からない
だけど、口に出すだけでそれを起こすことができるのなら

終盤の和訳はちょっと(いや、特に)自信がない。
「実現できるかもって言ってるだけ」とかそんな風にも読める感じがする。


父親が黒い服の男たちに捕まって連行されるところ、ケイト・ブッシュがミュージカル風に熱演する少年は、丘の上に据え付けた奇妙なマシンから天空に向けて何か放つ。するとたちまち雨雲が立ち上り、雨を降らせる。息子も神経質そうな父親もそれぞれガッツポーズ。場所はオルガノン研究所。父親の名はヴィルヘルム・ライヒ。そしてマシンの名はクラウドバスター。

音楽はゴジラのテーマのようなストリングスのリフが印象的。しかし、9拍子のゴジラ*1に対して、この曲はきっちり4拍子。縦に短く鋭いノリ。終盤にはマーチングドラムとコーラスも入り、ボレロ風に盛り上がっていく。けれども声は低めの音程で暗くたんたんと丁寧で、PVの演技とは対照的にミュージカル的ではない。シュールとまで言ってしまうと深読みしすぎな感じだけれど。

1985年発表


最終回の次回は父親のヴィルヘルム・ライヒの仕事について少し長めに書く予定。

*1:ゴジラのテーマは、4拍+5泊の変拍子でカウントしにくいのだが、「ゴジラー、ゴジラー、ゴジラメカゴジラー・・・」と歌うとよい。

広告を非表示にする